キーワード検索
カテゴリ検索
閲覧履歴
売れ筋ランキング

酒に関する「四字成語」抄

一觴一詠晋の王義之「蘭亭集序」・・・亦足以暢叙幽情。詩をよんだりお酒を飲んだりする歓楽の情景のありさま。亦一咏一觴ともいう。一杯の酒をのみ、一首の詩を詠ずる。
飲醇自酔うま酒を飲んで自ら酔っぱらってしまう(人)。
転人の高悦をうかがってすっかり感服(安心)してしまう(人)。
酒池肉林亨楽を極めるさま。ぜいたくの限りをつくした酒宴
酒酣耳熟酒を十分飲んで上気し耳まで赤くしているさま。酒後の快適なさま
酒后失言酒に酔っての失言
酒嚢飯袋飲むこと食うこと以外に能のないこと。ごくつぶし
酒入愁腸心配ごとがあって、あまり酒が飲めないこと
酒有別腸酒の入るところは別にあるものだ。
酒量の大小は体の大小、胃の容量に関係がない。満腹でも酒は飲める(人に酒を勧めるときにいう)
酒余飯后一杯きげんの時や食後のくつろいだとき。食後の一時
酒足飯飽酒も飯も充分に頂戴いたしました。他人に御馳走になった時の言葉
羽化登仙=羽化飛天仙人と化して天にのぼる。また、酒に酔うなどしてこの世ならぬ気分になることのたとえ。
瀟酒脱俗野たとえ。
酔酒飽徳お酒もたっぷり頂いたし、ご恩徳も充分頂きました。
「詩経」の「既酔以酒、既飽以徳」の畧で、宴会後に招いてくれた主人に述べる言葉。
酔生夢死何のなすところもなく空しく生涯を送る。夢うつつに一生を送る。
酔眼朦朧酔ってとろんとした目。
酔歩蹣跚酔ってふらふら歩くこと
酔舞狂歌酒食后よって歌舞する。
愛酒楽酔細酌春風一日千觴
有酒有肉一杯醇香酒入舌出
一酔千愁使酒罵坐飲豪玉盃
酒在口頭飲戯為務山海珍味
飲啜有宣愛才楽酒芝居酒盛
風吹酔面酣暢聲楽 
牛飲馬食曲室飲所鯨飲馬食
瓊肌一杯玄酒瓠脯孝伯痛飲
壷中之仙一飲千鍾一壷千金
一宿(酉古)酒一酔千日飲酒遊楽
飲膳正要羽化登仙花下独酌
酣酔無聊酣適之味凝(酉睾)醇酎
挙杯明月下戸上戸広客蛇影
香味醇冽壷中天地壷中之天
月下独酌倶傳倶傳金谷酒数
曲江宴会酣舞恒舞家醸醇碧
羽觴酔月飲中八仙飲至策勲